独学はひとりごつように

独学で国家資格の取得を目指す人の雑記ブログ

読んでほしい資格試験や政治経済等の記事のリンク集

こちらのページは、筆者が読んでほしい記事やおすすめ記事のリンク集です。リンクを貼った後に、記事の概要を少しだけ書いておきますので、興味がある記事を読んで頂けると嬉しいです。

主に国家資格試験や政治経済(株式投資、FX含む)の記事のリンク集となっています。

※随時更新中

資格試験(独学)

独学で資格を密かに取得する理由」では、なぜ誰にも宣言せずに密かに資格を取得する方が良いのかを実体験をもとに書いています。

勢いで独学用テキストを購入し途中で挫折した資格試験を独白」では、ろくに調査もせずに資格試験に独学で挑戦して、途中で挫折してしまった話を書いています。

資格試験専用の机を用意したら勉強が捗った」では、どうしても勉強に集中できず、他のことに夢中になってしまうので、その対策として専用の机を用意したことを書いています。

SNSのアプリをスマホから削除したら勉強時間が増えた」では、TwitterなどのSNSのアプリをスマートフォンから削除したら、勉強時間が増え、しかも余計な事を考えることがなくなったので、勉強に集中できるようになったことを書いています。

宅建試験に短期間の独学で合格するための勉強方法と勉強計画」では、宅建試験に3ヶ月程の独学で合格するための勉強法を紹介しています。私が実際に試して良かったというだけなので、他の受験生の役に立つか分かりませんが、興味のある方は読んでみてください。

資格試験をすっぽかしてしまった時の虚しさを書いておく」では、過去に何度も資格試験をすっぽかしてしまった経験から、その虚しさを書いています。資格試験をすっぽかしてしまいそうになっている方に読んでもらいたいです。

行政書士試験(独学)

行政書士試験に独学で合格するまでに11回受験した話」では、行政書士試験に独学で合格するまでの経緯を書いています。「こんな奴でも行政書士試験に合格できるなら、自分にもチャンスがあるのでは」と思わせてくれる記事となっております(笑)。

行政書士の資格取得にこだわった理由」では、行政書士の資格を取得することにこだわった私なりの理由を書いています。

間違いノートを作成し曜日毎に違う科目を勉強して行政書士試験に合格」では、行政書士試験に独学で合格した際に、実行していた勉強方法を紹介しています。

行政書士試験は答えを見ずに記述式問題集の答案を書く練習が大切」では、行政書士試験における記述式問題集の大切さを書いています。記述式問題の対策をしなければ、行政書士試験に合格するのは難しいと考えています。

行政書士試験に独学で合格するために六法は必要か?」では、行政書士試験に六法は必要なのかを経験をもとに書いています。勉強時間の確保が難しい社会人受験生などに読んでほしいです。

行政書士試験合格に向けて改善した生活習慣など」では、勉強時間の確保が難しい社会人受験生だった私が、行政書士試験に合格するために改善した生活習慣などを書いています。

みんなが欲しかった行政書士の教科書を重要論点のまとめ教材として使用」では、行政書士試験に独学で挑んだ際に、『みんなが欲しかった行政書士の教科書』を重要論点をまとめた教材として活用したことを書いています。

おすすめの資格試験独学用教材

FP1級の独学合格に必要なテキストや実技試験対策問題集等」では、国家資格のFP1級に独学で合格した際に使用していたおすすめのテキスト・問題集・直前予想問題集・実技試験対策問題集(口述試験・筆記試験)を紹介しています。口述試験での苦い思い出なども書いていて参考になる部分もあると思うので読んでみてください。

FP2級に50時間の勉強で独学合格するためのおすすめテキスト等」では、国家資格のFP2級に独学で合格した際に使用していたおすすめのテキスト・問題集・直前予想模試などを紹介しています。忙しい社会人の受験生等におすすめしたい教材です。

FP3級に独学で合格するために必要なテキストや勉強時間等」では、国家資格のFP3級に独学で合格した際に使用したおすすめのテキストや問題集、直前予想模試を紹介しています。独学者や初学者におすすめの教材です。

宅建試験の独学合格に必要なおすすめテキストと勉強時間等」では、私が宅建試験(国家資格)に独学で合格した際に使用していたおすすめテキスト・問題集・過去問題集・直前予想模試を紹介しています。独学で宅建試験に合格するためにうってつけの教材です。おすすめの教材の他に、実際には使用していないのですが、気になる教材があるので、その教材についても少しだけ書いています。

行政書士試験に独学で合格する為のおすすめテキスト2種類と勉強方法等」は、私が行政書士試験に独学で合格した際に使用していたテキスト2種類と効果のあった勉強法などを書いた記事のリンク集となっています。他の行政書士試験に関する記事をひとつにまとめた記事です。

みんなが欲しかった行政書士シリーズは独学者・初学者向け」では、みんなが欲しかった行政書士シリーズの使用感を書いています。行政書士試験(国家資格)に独学で合格した際に、実際に使用していた教材のひとつで、独学者や初学者におすすめの教材です。

合格革命行政書士シリーズは初学者だけでなく学習経験者にもおすすめ」では、合格革命行政書士シリーズの使用感を書いています。行政書士試験(国家資格)に独学で合格した際に、みんなが欲しかった行政書士シリーズに加えて合格革命行政書士シリーズも使用していました。独学者や初学者だけでなく、学習経験者にもおすすめできる教材です。

みんなが欲しかった社労士の教科書・問題集を使用した感想」では、『みんなが欲しかった社労士の教科書』や『みんなが欲しかった社労士の問題集』を使用した感想を書いています。実際に独学で合格したわけではなく、諸事情により途中で挫折しているので、その点について予めご了承ください。

みんなが欲しかった税理士財務諸表論の教科書&問題集を使用した感想」では、『みんなが欲しかった税理士財務諸表論の教科書&問題集』の使用感を書いています。受験することなく途中で挫折していますが、ひと通りテキストに目を通しているので、使用感を書いてみました。

みんなが欲しかった税理士消費税法の教科書&問題集を使用した感想」では、『みんなが欲しかった税理士消費税法の教科書&問題集』の使用感を書いています。こちらも財務諸表論と同じく途中で挫折していますが、参考までに使用感を書いてみました。

政治・経済用語解説集

政治・経済系のニュース番組で耳にする用語を軽く解説したリンク集です。株式投資やFXで使用する用語も含みます。

中央銀行の役割や金融政策について簡単に解説

インフレーションとデフレーションについて簡単に解説

スタグフレーションについて簡単に解説

デノミネーションについて簡単に解説

リフレーションとリセッションについて簡単に解説

タカ派とハト派の違いについて簡単に解説

カントリーリスクと地政学的リスクの違いについて簡単に解説

メジャー通貨とマイナー通貨の違いについて簡単に解説

変動相場制と固定相場制の違いについて簡単に解説

ドルペッグ制と通貨バスケット制について簡単に解説

通貨切り下げと通貨切り上げについて簡単に解説

キャリートレードについて簡単に解説

インカムゲインについて簡単に解説

キャピタルゲインについて簡単に解説

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析について簡単に解説

FX(外国為替証拠金取引)について簡単に解説

FXのトレードスタイル4種類を簡単に解説

トレンド相場とレンジ相場の違いについて簡単に解説

ボラティリティについて簡単に解説

リクイディティについて簡単に解説

FXのレバレッジについて簡単に解説

FXのスワップポイントについて簡単に解説

FXのスプレッドについて簡単に解説

FXで知っておくべき取引の単位(枚・Lot・pips)を簡単に解説

FXの必要証拠金と余剰証拠金について簡単に解説

FXの有効証拠金と維持証拠金について簡単に解説

FXの証拠金維持率について簡単に解説

FXの信託保全について簡単に解説

FXのロスカットについて簡単に解説

FXのマージンコールについて簡単に解説

FXのエントリーとエグジットについて簡単に解説

FX初心者が陥りやすいポジポジ病の簡単な解説と私なりの対処法

FXのテイクプロフィットとストップロスについて簡単に解説

政治経済(株式投資・FXを含む)関連

外国人持ち株比率が低い銘柄を四季報で調べて長期保有する理由」では、四季報で外国人持ち株比率が低い銘柄を調べて保有する私なりの理由を書いています。外資系ファンド等の常套手段について書いているので、興味のある方はどうぞ。

景気敏感株とディフェンシブ銘柄に分けた後、さらに業種別に分けて投資する」では、まずは景気敏感株とディフェンシブ銘柄に分けた後に、そこから更に業種別に分けて投資することをおすすめしています。長期で保有する際に、こういった感じで銘柄を選択すると安定した利益を計上できる可能性が高まると思います。

株式投資で儲けるために注目した出来高の売買パターン5選」では、株式投資でトレードをする際に、注目していた出来高の売買パターンを書いています。私が好きな価格帯別出来高についても書いています。

1分足のボリンジャーバンドを使用した順張りのFXのスキャルピング手法」では、300回検証した結果、ある程度勝つことができた、1分足のボリンジャーバンド(±3σ)を使用した順張りのFXのスキャルピング手法を紹介しています。

FXのスキャルピングに15分足チャートを使うトレーダーは少数派?」では、15分足のチャートを使用してスキャルピングをする理由を書いています。1分足や5分足だと、どうしても値動きに翻弄されたり、ダマシにあってしまうFXトレーダーに読んで頂けると嬉しいです。

平均回帰性を利用した逆張り手法はFX(クロス円)で有効」では、株式投資でデイトレードをしていたときに実績のあるトレード手法である、平均回帰性を利用した逆張り手法がFXでも有効だと感じたことを書いています。特に、ユーロ円などのクロス円をトレードする短期トレーダー(スキャルパー・デイトレーダー)に読んでほしい記事です。

FXの新しい逆張りスキャルピング手法が怪我の功名で固まりつつある話」では、怪我の功名で、大きな流れには逆らわず、小さな流れに逆らう逆張りのスキャルピング手法を思いついたことを書いています。FXの短期トレード(スキャルピング・デイトレード)に興味のある方に読んで頂けると嬉しいです。

FXの通貨強弱トレード手法の一例をチャートを使用して解説」では、通貨の強弱に注目して、トレードする手法を紹介しています。ドル・ユーロ・ポンド・円の4通貨を使用して説明しています。デイトレードやスイングトレードに向いている手法なので、興味のある方は読んでみてください。

【FX初心者注意】合計獲得pipsを水増しする詐欺的な計算方法」では、計算方法次第で、合計獲得pipsを水増しすることができることについて書いています。FX系の情報商材を宣伝する際に、この詐欺的な計算方法が使用されている場合があるので、FX初心者への注意喚起として記事を書いてみました。

卑怯だと思うポジショントークなどの具体例を挙げてみる」では、投資や政治の世界だけでなく、日常でもポジショントークが頻繁に使用されていることを書いています。その中から、個人的に正々堂々としたポジショントーク(テレビCMの広告など)や卑怯なポジショントーク(新聞投書欄やアンケート調査を利用したもの)をいくつか紹介しています。

日本の空き家数百万戸に外国人労働者が住む未来」では、空き家問題を解決するために外国人労働者(移民含む)を広く受け入れる流れが近い将来に来るのではないかという予想を書いています。マイナス金利導入や相続税の税制改正で、今後さらに空き家が増える可能性があることも書いています。

会社取締役の名義貸しについて税理士から聞いた少し怖い話」では、名義貸しをしている会社と顧問契約を結んだ税理士から聞いた話しを書いています。名義貸しについても簡単に解説しています。

その他の読んでほしい記事

はてなブログでブログ名を変更した際のその他の変更箇所等」では、はてなブログでブログ名を変更した際に必要になってくるその他の変更箇所等を書いています。これからブログ名を変更する予定の方に読んでもらいたいです。

ノートパソコンが壊れるまでに私がやってしまったこと」では、ノートパソコンが壊れるまでの過程を書いています。このようなことを二度としないために書いています。

風邪なのにジョギングを続けて肺炎になり美人看護師に座薬を入れられた話」では、体調不良の中、ダイエットのために無理をして走り続けたことで肺炎になってしまったことを書いています。

『Let Her Go』を聴くとテナーサックスを吹きたくなる」では、テナーサックスで『Let Her Go』という曲をカバーしている方の動画を見て、テナーサックスを始めてみたくなったことを書いています。

【漫画の整頓方法】段ボール箱に保管して読みたいときにすぐに取り出せる」では、たまに読みたくなる漫画を保管して、読みたいときに読みたい漫画をすぐに読めるようにする方法を紹介しています。

10代の頃に書いた詩・ポエム

10代の頃に書いた詩・ポエムを見つけたのでブログに投稿していく」では、10代の頃に書いた詩(ポエムノート)を大掃除中に見つけてしまったので、少しずつブログに投稿することにしたことを書いています。投稿時期は未定ですが必ず公開しますので、読んで頂けると嬉しいです。

追記:2020年12月24日より、少しずつですが詩の投稿を開始しました。1週間に1回くらいのペースで投稿する予定です。できるだけ、毎週金曜日の18時に自作の詩に関する記事を更新するようにします。

自作の詩のカテゴリーのリンクを貼っておきます。

10代の頃に書いた自作の詩

プライバシーポリシーなど

プライバシーポリシー及び免責事項など」では、当ブログのプライバシーポリシーや免責事項だけでなく、当ブログにコメントをする際のルールや記事の著作権などについても書いているので、コメントの際や記事を引用する際には読んで頂きたいです。

ブログ運営者の自己紹介や開設理由など」では、当ブログ管理人の自己紹介や雑記ブログを開設した理由などを書いています。お問い合わせ先として、ツイッターやメールのアドレスを掲載しています。