独学はひとりごつように

独学で国家資格の取得を目指す人の雑記ブログ

坊主頭(1mm)にしたら思ってたより頭頂部がハゲてたうえに周囲の評判も最悪

どうも。当ブログを管理運営する「ななし」です。「一生勉強」をモットーに法律系の国家資格を独学で勉強しています。

今日は、私の薄毛に関する記事を書いてみたいと思います。薄毛に悩むのが嫌で、思い切って坊主頭(1mm)にした話です。

おっさんが坊主頭にしたというだけの報告なので、あまり面白くはないと思いますが、「坊主頭にしたらブログで報告する」と記事に書いてしまったので、約束通り報告しておきます。

まずは、M字ハゲの部分の写真を公開します。

M字ハゲの男性の額部分

M字ハゲの男性(本人)

光の具合でハゲの部分が分かりにくくなってしまっていますが、分かりくい方が良いかも知れないと思い、そのまま写真を掲載しました(笑)。

M字ハゲに関しては、鏡を見ればすぐに気がつくことができるので、以前から認識していたこともあり、それほどショックは受けませんでした。少しずつ額は後退しているようですが、ずいぶん前から分かっていたことなので心の傷は浅いです。

問題は、頭頂部のハゲです。これが予想よりもハゲていたので、思いのほかショックを受けてしまいました。坊主頭にしたことを後悔しましたね。

こちらは問題の頭頂部のハゲです。

頭頂部がハゲた男性の頭頂部

頭頂部がハゲた男性(本人)

軽い気持ちで頭頂部を自撮りして確認したら、思っていたよりもハゲていたので、かなり衝撃を受けてしまいました。「別にハゲとかどうでも良いし」みたいな感じになっていたはずなのですが、こう現実を目の前に突き付けられると(自分で突きつけたんですが)、やはりショックですねぇ(笑)。

こうやって自分の頭頂部を見ると、もう中心部分はほとんど髪の毛はありませんね。しかも、自分の予想よりもハゲの範囲が広かったのがキツかった。頭頂部の半径2cmくらいがハゲているだけだと思っていたのですが、軽く見積もってもその倍はハゲていますね。これはさすがに悲しかった。

しかも、勇気を出して坊主頭にしたにもかかわらず、周囲の評判は最悪で、仕事にも影響が出てしまいました。詳しく書くと身元がバレてしまいそうなので詳しく書くのはやめておきますが、周囲の理解というのは、なかなか得られないものですねぇ。

周囲には「元々、厳つい感じの顔をしているので、そんなおっさんが坊主頭にすると、関わったらいけない種類の人と間違われる」と言われてしまいました。冷静になって考えると確かに、そうかも知れない。

自分の顔は見慣れているので、そんなに怖いとは思わないのですが、他人はそうは思わないみたいですね。他にも「坊主頭にするなら、もっとハゲてからにしてほしい」と言われてしまいました。はぁ。

思い切って坊主頭にしてみたものの、周囲の評判が悪かったので、坊主は今回だけにしようと思います。額と頭頂部がつながるくらいハゲたら、また坊主頭にしようと思います。そこまでハゲたら周りも分かってくれるでしょう。

社会人はむやみに坊主頭にするべきではありませんね。皆さんも気をつけましょう。坊主頭にするなら、周囲が坊主頭にしても仕方がないと思えるほどの理由(ゴリゴリにハゲる等)が必要ですね。私はまだその段階ではないようでした。

司法書士試験の会場にこんな感じの坊主頭がいたら、それはかなりの確率で私です。そっと見守って頂けるとありがたいです。

それではまた。

こちらの記事では、M字ハゲや頭頂部の薄毛とかがどうでもよくなってきたことを書いています。まだ坊主頭にする前の心境を書いています。

hitorigotu.com

こちらの記事では、M字ハゲだと思っていたら頭頂部も薄くなっていたことを書いています。薄毛を気にしてシャンプーを無添加のせっけんシャンプーに変更したことも書いています。

hitorigotu.com