独学はひとりごつように

独学で国家資格の取得を目指す人の雑記ブログ

【ドル円予想】年末の答え合わせと来年の見通し

どうも。当ブログを管理運営する「ななし」です。「一生勉強」をモットーに法律系の国家資格を独学で勉強しています。現在は司法書士試験に独学で挑戦中です。

気がつけば今年も終わろうとしていて、あまりの時の流れの速さに驚かされますが、驚いてばかりもいられないので、今年最後のブログ更新をしてみようと思います。

今年最後の記事は、2021年10月18日の記事で、年末時点でのドル円予想をしていたので、その答え合わせの記事を書いて終わりにしたいと思います。

まずは、ドル円相場について予想した記事のリンクを貼っておきますので、興味のある方は読んでみてください。

hitorigotu.com

上記のドル円予想記事では、アメリカでテーパリング(量的緩和縮小)と利上げが予定されていることなどから、年末には118円台まで上昇するのではないかと書いていましたが、見事に外しましたね(笑)。

いちおう、ドル円は予想通り力強い動きをしたのですが、115円台半ばがやっとでした。言い訳になってしまいますが、チャート的に115円台半ばという予想も候補にはあったのですが、簡単に突き抜ける気がしたんですよねぇ。

結果は、そんな簡単なものではなく、ドル円は11月24日に115円台半ばまで上昇した後は、数日で112円台半ばまで急落してしまいました。ただ、その後はゆっくりと上昇に転じて、年末時点で再び115円前後まで上昇していますが。

2021年12月30日時点でのドル円(日足)のチャートを貼っておきます。

ドル円の日足チャート(2021年12月30日時点)

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

自分でドル円予想をしておいて何ですけど、為替相場の予想なんて、そうそう当たるものではありませんね。ただ、FRB(連邦準備制度理事会)はテーパリングを加速させるそうですし、2022年には3回の利上げが予想されていることから、時期はわかりませんが、2022年中には118円台まで(それ以上も)は上昇すると思うんですよ。世界的に大きな出来事がなければですが。

ドル円予想の年末の答え合わせはこれくらいにして、年越しそばでも食べようと思います。来年も細々とですが、ブログを続けていくので、引き続きよろしくお願いします。それでは、よいお年を。

こちらの記事では、株式投資の短期・長期別のシンプルな銘柄の選択方法を紹介しています。短期の銘柄選択方法はFX(外国為替証拠金取引)でも応用できるので、どの通貨ペアをトレードするか迷ったときにでも試してみてください。

hitorigotu.com

こちらの記事では、FXのスキャルピング手法を紹介しています。1分足のボリンジャーバンドを使用した順張りのスキャルピング手法です。

hitorigotu.com

こちらの記事では、怪我の功名でFXの新しい逆張りスキャルピング手法が固まりつつあることを書いています。大きなトレンドには逆らわず、小さなトレンドに逆らうトレード手法なので、そこまで危険な逆張りトレードではないと思います。

hitorigotu.com