独学はひとりごつように

独学で国家資格の取得を目指す人の雑記ブログ

人生で初めて100日連続で資格試験の勉強(独学)ができた

どうも。当ブログを管理運営する「ななし」です。「一生勉強」をモットーに法律系の国家資格を独学で勉強しています。

今日は、小さな達成感を感じた話をしたいと思います。タイトル通り、それほど大した事ではないのですが、私にとっては初めての経験だったので、ブログで報告しておこうと思います。

開いた本の上にシャーペンとメガネを置いている

2020年の11月から司法書士試験の勉強を独学で開始して、勉強時間の確保に四苦八苦しながらも、その日の勉強スケジュールをクリアするように心掛けていたら、気がついたら100日連続で勉強することができていました。

週に1日くらいは勉強を休んだ方が良いのかも知れませんが、私の場合、1度休んでしまうと、すぐに休み癖がついて何日も休んでしまうんですよね笑。そこから立て直すのに早くても数日かかるので、休まずに勉強をする方が性に合っていると思います。

1日の勉強時間は少ないので、合計の勉強時間は他の司法書士試験受験生と比べると微々たるものですが、それでも100日連続で勉強することができたのは人生初のことなので嬉しいですね。

とは言うものの、司法書士試験の勉強は遅れに遅れているので、100日連続で勉強できたくらいで喜んでいる場合ではないんですよ。このままだと、司法書士試験までに基本テキストと問題集さえ終わらない状況なので、1日の勉強時間をもっと増やさないといけません。

Twitter等で、他の司法書士試験受験生のツイートを読んでいると、信じられないほど勉強をしていて、それが当たり前という感じなので、リアルに恐れおののいてしまいます。本当に人生をかけた戦いをしているのだと感じますね。誰に強制されるでもなく独学で毎日10時間勉強できるって、本当に凄いとしか言いようがないです。

この司法書士試験受験生に恐れおののく感じは、行政書士試験に挑戦していた頃にはなかったので、やはり、司法書士試験は次元の違う高難易度な資格試験だと今更ながらに痛感しています。私も1日10時間とは言わないまでも、1日3時間(休みの日は5時間)くらいは勉強できるように頑張りたいと思います。

それではまた。

最後に関連記事のリンクを貼っておきますので、併せて読んで頂けると嬉しいです。

▶司法書士試験独学用教材の合格ゾーンテキスト民法Ⅰの勉強をやっとのことで終えたので、そのことを「司法書士試験独学用教材の合格ゾーンテキスト民法Ⅰの勉強を終えたので報告」で報告しています。

▶司法書士試験の過去問題集がすべて揃ったので、今度こそ本格的に勉強を開始しようと意気込んでいることを「司法書士試験の過去問題集がすべて揃ったので今度こそ本格的に勉強開始」に書いています。

▶行政書士試験に独学で合格する為のおすすめテキスト2種類と勉強方法等を「行政書士試験に独学で合格する為のおすすめテキスト2種類と勉強方法等」で紹介しています。法律系の国家資格に興味のある方は読んでみてください。誰でも受験できるのでおすすめです。