独学はひとりごつように

独学で国家資格の取得を目指す人の雑記ブログ

FXのマージンコールについて簡単に解説

これからFXを始める方や私の知識のおさらいのために、FXをするうえで知っておきたい基礎知識(FX用語)を簡単に解説してみようと思います。今回は、「マージンコール」について簡単に解説してみたいと思います。

専門的に詳しく解説するわけではないので、マージンコールというFX用語を初めて聞いたという方に読んで頂けると嬉しいです。

※内容に誤りがあれば、コメント等で教えて頂けると助かります。

マージンコールとは必要証拠金を下回ると通知が来るシステム

「FX」と書かれた木製のブロック

「マージンコール」とは、保有しているポジションの含み損が膨らみ、証拠金残高が必要証拠金を下回る状態になったときに、FX会社から通知が来るシステムのことです。

証拠金不足でマージンコールがきた場合は、翌日の一定時刻までに不足分を入金するか、保有しているポジションを一部決済することで、残りのポジションを保有し続けることができます。

不足している証拠金の入金、または保有しているポジションの決済が行われない場合は、一定時刻にポジションが強制決済(ロスカット)されてしまうので、早めの対処が必要です。

最近は、マージンコールのシステムを廃止するFX会社もあるみたいで、そういった場合は、マージンコールなしでいきなりロスカットされるようです。気をつけないといけませんね。

ロスカットは強制決済を意味し、マージンコールは「このままだと強制決済しますよ」という強制決済前の事前通知というふうに考えておけば良いと思います。

ちなみに、私は、FXの短期トレード(スキャルピング・デイトレード)は下手くそですが、早めの損切りを心掛けているので、ロスカットやマージンコールの経験はありません。

まぁ、スキャルピングやデイトレードの短期トレードをメインにしている方で、ロスカットやマージンコールの経験があるほうが珍しいと思いますけどね。

どちらかというと、スワップポイント狙いの長期投資でレバレッジをかけすぎてしまった方に、ロスカットやマージンコールを経験された方が多いような気がしています。あとは、急激な相場の変動などでロスカットされたりですかね。

短期トレード(スキャルピングやデイトレード)をメインにされている方で、ロスカット等がよくある方は、レバレッジをかけすぎたかなり危険なトレードをされていると思うので、トレードを見直すことをおすすめします。まぁ、余計なお世話ですけど(笑)。

まとめ

最後に、マージンコールについて簡単にまとめて、おさらいをしてから終わりにしようと思います。

  • 「マージンコール」とは、証拠金残高が必要証拠金を下回る状態になったときに、FX会社から「このままだと強制決済(ロスカット)しますよ」という通知が事前に来るシステムのこと。

マージンコールについてのまとめはこれくらいにしておきます。また、暇なときにでも政治・経済(株式投資やFX含む)で使いそうな用語を簡単に解説する記事を書こうと思います。

それではまた。

こちらの記事では、FXのロスカットについて簡単に解説しています。

hitorigotu.com

こちらの記事では、FXの有効証拠金と維持証拠金について簡単に解説しています。

hitorigotu.com

こちらの記事では、1分足のボリンジャーバンドを使用した順張りのFXのスキャルピング手法を紹介しています。

hitorigotu.com