独学はひとりごつように

独学で国家資格の取得を目指す人の雑記ブログ

陸上女子1500mでの田中希実選手の激走がオリンピックで一番感動した

どうも。当ブログを管理運営する「ななし」です。「一生勉強」をモットーに法律系の国家資格を独学で勉強しています。

オリンピックも終わったので、今大会で一番印象に残った選手をブログに書いて、オリンピックに関する記事は終わりにしようと思います。

陸上トラック競技

今大会は、日本代表選手の頑張りが目立ち、日本は金メダル27個、銀メダル14個、銅メダル17個の合計58個のメダルを獲得しました。どれも素晴らしいメダルだと思います。

ただ、私が今大会で一番印象に残った選手はメダリストではなく、陸上女子1500mに出場した田中希実選手です。惜しくもメダルを獲得することはできませんでしたが、日本人として初の入賞(8位)をする快挙でした。

田中希実選手は、身長が153cmと小柄なのですが、力強いフォームで、走っている姿がカッコイイんですよ。レースもガンガン攻めていくスタイルで、先頭でレースを引っ張る展開が多いので、見ていて気持ちが良いですね。あの激走は何度でも見たくなります。

先頭でレースを引っ張るのは良いけれど、後半になるとズルズル下がっていってしまう選手がたくさんいる中、田中選手は後半になってもスピードは衰えず、しっかりとくらいついていっていたので、レースを見ていて興奮しましたね。面白かった。

陸上競技のトラックレースは、世界との差がありすぎて日本人選手が活躍することはほとんどないんですよ。なにせ、最近まで、陸上女子1500mの日本記録と世界記録の差が20秒くらいありましたからね(笑)。なので、田中選手の頑張りが余計に胸を打ちました。

オリンピックで日本記録を更新して、夢の3分台に突入しましたし、世界記録との差も10秒くらいまで縮まりました。世界のレースでメダルを獲得するのに、あと数秒だけ速く走ればというところまで来ました。その「あと数秒」がとんでもなく難しいのだろうけれど、田中選手には期待してしまいますね。まだ21歳ですし。

田中希実選手は、真面目な感じが滲み出ていて好きです。応援したくなります。これからも田中選手の成長をおっさんは見守っていきたいと思います。

田中選手が東京オリンピックの準決勝でマークした3分59秒19の日本新記録が、近い将来、田中選手によって破られる日が来ることを願っています。その頃には、もしかしたらメダルに手が届いているかも知れませんね。楽しみだなぁ。

東京オリンピックでの田中希実選手の激走に感動したお話でした。私も頑張ろうと思えたので、田中希実選手には感謝ですね。もちろん、オリンピックに出場した選手全員にも感謝していますが。

それではまた。

こちらの記事では、野球日本代表の侍ジャパンが悲願の金メダルを獲得して感動したことを書いています。阪神タイガースの岩崎優投手が大事な場面で抑えてくれたので、阪神ファンとして嬉しかったことも書いています。

hitorigotu.com