独学はひとりごつように

独学で資格試験合格を目指す兼業FXトレーダーのブログ

早稲田経営出版の『司法試験・予備試験 逐条テキスト』が安かったので衝動買い

どうも。当ブログを管理運営する「ななし」です。「一生勉強」をモットーに法律系の国家資格を独学で勉強しており、現在は司法書士試験に独学で挑戦中です。

今日は、タイトルにあるとおり、早稲田経営出版の『司法試験・予備試験 逐条テキスト』を衝動買いしてしまったことをブログに書こうと思います。

まずは、衝動買いしてしまった司法試験・予備試験 逐条テキスト7冊セットの画像を貼ります。

早稲田経営出版の『司法試験・予備試験 逐条テキスト』7冊セット

本当は司法書士試験のテキストを買うつもりで、TACの通販サイトを閲覧していたのですが、早稲田経営出版の『司法試験・予備試験 逐条テキスト』7冊セットが16,000円と安かったので、「司法書士試験の基本テキストより安いやん」となり、衝動買いしてしまいました。

司法試験・予備試験に挑戦する予定はないのですが、「司法書士試験と科目が被っているので多少は役に立つだろう」という安易な考えで買ってしまいましたね。まさに衝動買いです。

新しく司法書士試験のテキストを買い直すはずだったのに、別の資格試験のものを買ってしまうなんて、本当にダメですねぇ。1年半前に購入した司法書士試験の独学用テキストと問題集さえも終わらせていないのに。

衝動買いしてしまったものは仕方がないので、届いた『司法試験・予備試験 逐条テキスト』の中身(憲法)をさっそく確認したのですが、パラパラとめくりながら「これ、俺に理解できるの?」と思ってしまいました。細かくびっしりと書かれていて、1ページ理解するのに30分くらいかかりそうです。

司法書士試験の憲法はマイナー科目なので、テキストも薄いのですが、司法試験・予備試験の憲法はものすごく詳しく書かれていて、テキストが分厚いです。司法書士試験の受験生にはここまでの知識は必要ないので、さらっと流す程度に読もうと思います。

とりあえず、本棚の肥やしだけにはならないように、ゆっくりでも読み進めていこうと思います。仕事も辞めてけっこう時間に余裕もありますからね。『司法試験・予備試験 逐条テキスト』を読み終えたら、またブログで感想でも書きます。それではまた。

最後に関連記事のリンクを貼っておきますので、併せて読んで頂けると嬉しいです。

▶憲法の条文を私なりに分かりやすくしています。まだ途中ですが興味のある方は読んでみてください。

hitorigotu.com

▶「資格試験に挑戦するために仕事を辞めてしまった就職氷河期世代のおじさん」では、司法書士試験に独学で挑戦するため仕事を辞めたことを書いています。

▶「LECの独学用教材『司法書士 合格ゾーンテキスト 民事訴訟法・民事執行法・民事保全法』を読み終える」では、テキストを読み終えたことと、民事訴訟法・民事執行法・民事保全法が意外と面白いと感じたことを書いています。