独学はひとりごつように

独学で国家資格の取得を目指す人の雑記ブログ

FXの勧誘詐欺被害が急増しているので投資詐欺が減らない根本的な原因を考えた

どうも。当ブログを管理運営する「ななし」です。「一生勉強」をモットーに法律系の国家資格を独学で勉強しており、現在は司法書士試験に独学で挑戦中です。

今日はネットニュースに「FXの勧誘詐欺が2020年頃から急増している」という記事があり、「何で今頃になってFXの詐欺被害が急増しているのだろう?」と不思議に思ったので、ひと通り記事を読んだ感想をブログに書いてみたいと思います。

最近は、FXではなく暗号資産(仮想通貨)に関する詐欺が多かったような気がするのですが、FXの詐欺もまだまだあるんですね。2021年度は国民生活センターへの相談件数も3,000件に迫ったみたいですし。

FXに関する詐欺被害者が急増している原因のひとつに、勧誘時にアプリやSNSを使って、簡単にカモを探しやすくなったことがあるみたいですが、投資系の詐欺被害が減らない根本的な原因は、「自分の頭で考えない」ことや「楽して他人に儲けさせてもらおう」という考えにあると思っています。つまり、「自分の頭で考えて自分の腕で稼ぐ」と考えるようになれば、投資系の詐欺被害は激減するのではないかと思っています。

投資系の詐欺事件は、「そんな嘘みたいな話をなんで信じてしまうの?」と疑問に思う詐欺事件が多すぎますね。詐欺師が一番悪いのは間違いないですが、いくら手口が巧妙化しているとはいえ、嘘みたいなうまい話を信じる方にも問題があると思います。世の中、そんなにうまい話はないと知るだけで、詐欺被害も減ると思うんですけどねぇ。

こういう投資系の詐欺事件が多くなると、何故か株式投資やFXをしているだけの人達の印象も悪くなってしまうので、勘弁して欲しいです。こんな記事を書いている私だって詐欺被害に遭う可能性はあるので、自分の頭で考えて、色々と調べてから行動に移すよう心懸けて生活しようと思います。

それではまた。

最後に関連記事のリンクを貼っておきますので、併せて読んで頂けると嬉しいです。

▶計算方法次第で合計獲得pipsを水増しできることを「【FX初心者注意】合計獲得pipsを水増しする詐欺的な計算方法」に書いています。FX系の情報商材を宣伝する際に、この記事で紹介した詐欺的な計算方法が使用されている場合があるので、FX初心者への注意喚起のために記事を書きました。興味のある方は読んでみてください。ちなみに、詐欺的なだけであって、厳密にいうと詐欺ではありません。

▶FXのスキャルピングをする際のマイルールのひとつを「【FXスキャルピングルール】ボラティリティが低いときは値動きを追いかけてエントリーしない」で紹介しています。「ボラティリティが低いときは追っかけずに引きつけてからエントリーしようね」という内容が書かれています。

▶FXはロットサイズが大きすぎても、小さすぎても、トレードに与える悪影響があることを「FXのトレードはロットサイズの違いによって悪影響の種類が変化する」に書いています。自分に合ったロットサイズが一番だということを書いています。

▶投資の世界でよく使用されているポジショントークですが、日常でもよく使用されているので、その具体例を「卑怯だと思うポジショントークなどの具体例を挙げてみる」で挙げています。こういったポジショントークを知っておくだけで、詐欺に遭うことも少なくなると思うので読んでみてください。