独学はひとりごつように

独学で国家資格の取得を目指す人の雑記ブログ

FXのレバレッジについて簡単に解説

政治・経済系のニュース番組などを視聴していると、「レバレッジ」という言葉が使用されることがあります。「レバレッジ」は、FX(外国為替証拠金取引)などでよく使用される用語なので、FXをするうえで知っておきたい基礎知識(FX用語)として簡単に解説してみようと思います。

以前、FX(外国為替証拠金取引)について説明する際に、少しだけレバレッジについて触れましたが、改めて解説してみようと思います。専門的に詳しく解説するわけではないので、レバレッジという用語を初めて聞いたという方に読んで頂けると嬉しいです。

※内容に誤りがあれば、コメント等で教えて頂けると助かります。

レバレッジとは少ない金額で大きな取引をすること

FXのレバレッジのイメージ

FXにおける「レバレッジ」とは、てこの原理のように小さな力で、大きな物を動かすのと同様に、少ない金額でその何倍もの大きな金額を取引することができるという仕組みのことです。

国内のFX会社だと、個人口座の場合は口座に入金した金額(証拠金)の25倍までの金額を運用してトレードをすることができます。例えば、口座に入金した証拠金が4万円なら、FXではその25倍の100万円分のトレードをすることができるということです。

国内FX会社でも法人口座の場合は25倍以上でトレードをすることができますし、海外のFX会社だと個人口座でも888倍(それ以上もある)までトレードができたりする会社もあります。

FXトレーダー同士での会話では、「国内業者だとレバレッジ25倍だけど、海外業者ならレバレッジ888倍だから、海外業者でトレードをした方がより少ない資金で大きな金額をトレードできて一攫千金を狙えるぜ。」というような感じで使います(笑)。

ただ、初心者のトレーダーはレバレッジのかけ過ぎには注意が必要です。少ない資金で大きな金額のトレードができるということは、上手くいけば大儲けができますが、逆に上手くいかなかったときは大損をして、すぐに資金が無くなってしまうからです。

要は、レバレッジをかけるということは、ハイリスク・ハイリターンということなんですね。国内のFX会社でさえ資金の25倍もの取引ができるわけですし、海外のFX会社だと888倍なんてのもありますから危険極まりないということを理解したうえで、トレードをしてほしいと思います。

個人的には、海外のFX業者はおすすめしません。何かトラブルがあった場合に泣き寝入りすることになる可能性大ですし、金融商品取引業の登録を受けていない海外業者が多く、信用面においてかなりのマイナスだと感じているからです。

金融商品取引業の登録をするとレバレッジ規制で888倍などのハイレバレッジができなくなり、最大25倍までになってしまうというデメリットから、あえて登録をしていないと謳う海外FX業者もありますが、そもそも888倍などのハイレバレッジは狂気の沙汰だと個人的には考えているので、ハイレバレッジをメリットだとは感じないんですよね(笑)。

レバレッジは25倍で十分だと感じているので、個人的には国内のFX会社をおすすめします。大切な資金を預けるわけですから、初心者の方はしっかりと調べてから口座開設等をしてくださいね。

これも個人的な見解ですが、初心者の方でスワップポイントを目的に長期投資をされる方は最大でもレバレッジ3倍までに抑えて投資することをおすすめします。逆に、短期でトレードを頻繁に繰り返すようなスキャルパーやデイトレーダーは、そこまでレバレッジを抑える必要はないと個人的には考えています。

スキャルピングやデイトレードの場合、慣れるまではレバレッジ5~10倍くらいでトレードをして、損切りの技術を習得したら、レバレッジ15~20倍くらいでトレードをするのもありだと思っています(あくまで個人的な見解ですので鵜呑みにしないでくださいね笑)。

注意してほしいのは、損切りの技術を習得していないうちは、レバレッジ最大でトレードをしてはいけないということですかね。しっかりと損切りができていないのに、レバレッジ最大でトレードをすると一度のトレードですべての資金を失うということが、けっこうな確率で起こり得るからです。

レバレッジについて簡単に解説するだけのつもりが、余計なことを書いてしまいましたが、大切なことなので、初心者の方には読んでほしいです。

まとめ

最後に、レバレッジについて簡単にまとめておさらいをしてから終わりにしようと思います。

  • FXにおける「レバレッジ」とは、小さな金額でその何倍もの大きな金額を取引することができるという仕組みのこと。

レバレッジについてのまとめはこれくらいにしておきます。また、暇なときにでも政治・経済(株式投資やFX含む)で使いそうな用語を簡単に解説する記事を書こうと思います。

それではまた。

こちらの記事では、リクイディティ(流動性)と薄商いについて簡単に解説しています。

hitorigotu.com