独学はひとりごつように

独学で国家資格の取得を目指す人の雑記ブログ

日経平均株価の上昇を茫然と眺めているだけの1年間

いやぁ、日経平均株価の上昇が止まらなかったですね。すごいなぁ。コロナショックで暴落したのが絶好の買い場だったんですけど、日経平均株価が15,000円台になったら買おうと考えていたら、16,000円台で反転上昇して、そのまま帰ってこないという結果になってしまいました。

ここまで上昇されると、私的な買い場はしばらく来そうにないですね。金利が上昇した際に相場が調整したら買うくらいですかねぇ。他にも暴落しそうな材料はあるのですが、あまり考えたくないですし。

画像は、日経平均株価(5年週足)に価格帯別出来高を表示させたチャートです。

日経平均株価の週足チャート(2020年末)

(画像引用元:SBI証券)

日経平均株価のチャートを見ると、価格帯別で出来高の多い16,000円台で反発していますね。狙いは15,000円台だったので欲張ってしまいました。ただ、これはチャートが完成してから見ているので、そう思えるだけで、3月の暴落時に「まだ16,000円台だけど買っておくか」とはならなかったですね。

2020年3月の暴落時に買えなかったことで、しばらく株を保有することはなくなりましたが、これは仕方ないと納得しています。資格試験の勉強に集中できるので良しとしますかね。

それにしても、日経平均株価が27,000円台まで上昇するとは思わなかったですね。安倍政権時代に株価が下がりにくい仕組みはできていたので、コロナ禍でも下落を続けるとは思っていなかったですけれど、ここまで上昇するとも思っていませんでしたね。なんてったって大納会の株価が31年ぶりの高値ですからねぇ。

価格帯別出来高的には、現在は出来高の少ない価格帯で推移しているので、上昇するにしても下落するにしても、大きく動くことが多くなりそうなので注意したい感じですかね。まぁ、ノーポジションなのでどうでも良いですけど(笑)。

2021年は日経平均株価が30,000円台に到達するのではないかと予想している方も多くなっていますが、どのような相場になるんですかね。私は大きな調整があるまで株を保有することはないので、静観の一年になると思います。

為替相場の方も気になりますが、スワップポイント目当てでのトレードは各国の政策金利低下によってできそうにありませんし、司法書士試験の独学に励む年にしたいので、FXのトレードはしないでおこうと思います。せめてオーストラリアの金利が上昇してくれると良いんだけれど、これもしばらくは無理でしょうからね。

それではまた。

過去の関連記事です。インカムゲインとインカムロスについて簡単に解説しています。

hitorigotu.com