独学はひとりごつように

独学で国家資格の取得を目指す人の雑記ブログ

日本国憲法 第二章 戦争の放棄(第九条)を分かりやすくする

日本国憲法第九条を分かりやすくするために、条文を平易な文章に変換した後、自分なりの要約などをブログに書いてみようと思います。

この憲法の条文の平易化作業が、司法書士試験や行政書士試験、公務員試験などの憲法が試験科目となっている独学受験生にとって少しでも助けになれば幸いです。一番は自分自身の復習のためなんですけどね。

今回は憲法第九条だけを平易化しますが、ゆっくりと百三条まである憲法を平易化・要約していきますので、記事を公開した際に目を通して頂けると幸いです。

※1 記事内容に誤りがある場合などは、その都度、加筆・修正しますので、気がついた方はコメントやメールなどで教えて頂けると助かります。

※2 本来、条文の第1項の番号は省略されるのですが、分かりやすいように番号を付しています。また、項はアラビア数字、号は漢数字で表記しています。

憲法第九条(戦争の放棄と戦力及び交戦権の否認)

1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

憲法第九条【平易版】

1 日本国民は、正義と秩序を基本的な考え方とする国際平和を誠実に願い求め、国家の行為としての国際法上の戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

(平易化する箇所がほぼ無いので、同じような条文になってしまいました。)

憲法第九条の要約等

憲法第九条では、戦争の放棄と戦力及び交戦権の否認について書かれています。憲法第九条を要約します。

  • 平和主義の原則
  • 戦争と戦力の放棄

憲法第九条に書かれている条文内容はこんな感じです。

判例では、外国の軍隊が日本に駐留しても、憲法九条にいう戦力には該当しないとしています。

自衛権については、判例で憲法第九条により主権国として持つ固有の自衛権は何ら否定されないとして、自衛権を認めています。

憲法学者の中には、自衛権さえも放棄しているという主張をされている方がいますが、試験で出題される可能性は低いと思うので、「判例では自衛権を認めている」とだけ覚えておけばいいと思います。

憲法第九条を読んだ感想

日本国憲法第九条を平易な文章に変換した後、間違いやすい箇所などを記載したりして要約してみました。条文の文言自体は簡単なので、平易化する必要はなかったですけど(笑)。

憲法第九条を読んで、「徹底的に日本に戦争をさせないようにしている」と感じましたね。敗戦国ですから、仕方のない部分もあると思いますが、「自衛権まで放棄しているのでは?」とも読めるような条文ですからね。

憲法第九条を守ろうと活動されている方が大勢います。平和を願い活動されているはずなので、それは素晴らしいことだと思います。ただ、この憲法第九条って、世界中の国が採用しないとそこまで意味がないような気がするんですよね。

なので、どうか、日本国内だけでなく、憲法第九条を世界に広める活動をもっとしてほしいなと思っています。憲法第九条が本当に素晴らしいのであれば、いつかは世界中に広まるでしょうし。

純粋な気持ちで憲法第九条を守ろうとしている方、憲法第九条を世界に輸出する活動をされている方がいるなら応援したいですね。私は司法書士試験の勉強があるので、そういった活動をする時間はありませんが応援はします。何と言っても戦争なんて無いに越したことはないんですから。

次は、日本国憲法 第三章 国民の権利及び義務(第十条~第四十条)を平易化・要約等するつもりです。記事が長くなりそうなら、分割して投稿します。時間はかかると思いますが、コツコツ進めていくので、記事を更新した際は読んで頂けると嬉しいです。

それではまた。

こちらの記事では、日本国憲法第一章天皇(第一条~第八条)を平易化・要約して、分かりやすくしています。

hitorigotu.com