独学はひとりごつように

独学で国家資格の取得を目指す人の雑記ブログ

【世界陸上】北口榛花選手の女子フィールド種目(やり投)で初のメダル獲得に感動

どうも。当ブログを管理運営する「ななし」です。「一生勉強」をモットーに法律系の国家資格を独学で勉強しており、現在は司法書士試験に独学で挑戦中です。

アメリカのオレゴン州で開催されていた世界陸上が終わってしまいましたね。スポーツ好きとしては残念ですが、10日間も楽しませてもらったので感謝です。今日は、そんな世界陸上の中でも、一番感動した北口榛花選手の女子フィールド種目初のメダル獲得についてブログに書いてみたいと思います。

陸上競技場のフィールド

いやぁ、北口榛花選手素晴らしかったですね。以前にも書いたと思いますが、陸上競技は日本と世界の差が激しくて、まったくと言っていいほど太刀打ちできないことが多いのですが、そういった中で、やり投の北口選手が女子フィールド種目として初めてのメダルを獲得しました。嬉しい。

銅メダルだったこともあり、北口選手は「一番輝いていないメダル」なんて言っていましたが、メダルを獲得するだけでもスゴイことですからね。おっさんは無邪気に喜んでいました。

北口選手は「これ(銅メダル)がゴールではない」と頼もしい発言もしていますし、今後の世界大会が楽しみになってきました。オリンピックで金メダルを獲ってほしいなぁ。

北口選手は身長が179センチで体格もしっかりとしているので、なんだか可能性を感じるんですよね。決勝に残った他のやり投の選手と比べても大きいですからね。24歳ということもあり、まだまだ伸びるのではないかと期待してしまいます。

応援していた田中希実選手が、良い結果を出すことができなかったのは残念でしたが、北口選手が銅メダルを獲得してくれたので、世界陸上をより楽しむことができました。日本人選手がメダルを獲得しなくても楽しいんですけど、やはり、日本人選手が活躍してくれると盛り上がりますからね。

ちなみに、今大会の日本勢はメダルを4つ獲得したのですが、北口選手以外はすべて競歩での獲得でした。世界との差を痛感しますが、もう少しでメダルに手が届きそうな日本人選手もいるので、次の世界大会に期待したいと思います。

今日は、北口選手が女子フィールド種目初のメダルを獲得したことについて記事を書いてみました。これからも北口選手を応援したいと思います。なんと言っても、北口選手は笑顔がチャーミングなので応援したくなりますし笑。

それではまた。

▶田中希実選手の激走に感動したことを「陸上女子1500mでの田中希実選手の激走がオリンピックで一番感動した」に書いています。

▶阪神タイガースが勝率5割で前半戦を終えたことに喜んでいることを「阪神タイガースが本来の姿を取り戻し前半戦を勝率5割で折り返す」に書いています。